お歳暮の由来とは?マナーは?

秋になるとデパートでは一斉にお歳暮特設会場が設けられ、数多くの人が来店する姿が風物詩にもなっています。

お世話になっている方々に贈り物をするお歳暮のルーツは実は中国にあります。神様のお祭りを行う際に供え物を季節毎に送る風習があった中国では、1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元といって、天の神をまつる日として定められていました。
この風習に日本が古来から受け継がれてきたお盆に祖先の霊を供養する行事が合わさって、定着していったのがお歳暮とお中元なのです。


日本では室町時代にはじまったとも言われており、その後江戸時代頃には一般の大衆にも風習として全国各地に広がっていきました。

お歳暮に関しての情報を紹介しているサイトです。

武士の組合の中江組頭に年末に贈り物をしていたという記録や、承認が年末に贈り物と一緒に挨拶回りをしていた習わしから広まったとも言われています。


現在のような形として定着していったのは明治30年頃とも言われています。



もともと正月に先祖の霊を迎えるための供物として贈られていたお歳暮は、新年に向けて福を呼び込むための供物として野意味がありました。そのために、贈られるものは年越しに必要とされていた塩鮭や鰤、餅などや歳神様にお酒と一緒に供物できるかずのこやスルメなどの珍味が主流でした。
いずれにせよ、日持ちをするものが多く、分家や嫁いだ人間が本家や親元に年末に手渡しで贈る習わしであったのです。

お歳暮を贈る際にはいろいろなマナーを守る必要があります。


贈るタイミングは、元々は正月を迎える事始めの日とされる12月13日からでしたが、年末の慌ただしい時期を避けるためにも、12月20日頃までには到着するように手配します。


のし紙は紅白の5本や7本で蝶結びに熨斗がついたデザインのものを用います。



水引中央の結び目の上に「御歳暮」と印、名前は結び目の下にフルネームで丁寧に書きます。


一言挨拶の手紙を添えることがポイントです。

お歳暮のコツ

お歳暮を贈る際に何を贈ればいいのかわからない場合は、ハムなどの日持ちする食材か商品券を選ぶといいでしょう。ハムなどが気楽で手軽に贈ることができる品ですが、商品券は確実に相手に喜んでもらうことができるのです。...

more

お歳暮の基礎知識

お中元やお歳暮日といえば、普段よりお世話になっている方々への感謝の気持ちを伝えるための贈り物となっております。贈る相手は人それぞれでしょうが、たとえば田舎にはなれて暮らしているご両親、または親戚の方から、会社の上司や取引先の方などで、総じてお中元やお歳暮は目上の方に対して贈るということが多くなります。...

more

お歳暮の情報まとめ

相手に喜ばれるプレゼントを贈りたいのであれば、相手の家庭環境に合わせた品を選んであげる事を重視してみてください。猫や犬などを飼育している家庭は、ペットの体毛が散らばっている事に悩んでいる事も珍しくありません。...

more

お歳暮の常識

これまで日本においては普段からお世話になっている人に対して期間ごとにお歳暮を贈る習慣があり、日本の文化としても取り入れられるようになってきました。現在の日本においてはこうした対応がしっかりとなされていて、誰でも習慣としてあるということを常識として認識するようになっています。...

more
top