お歳暮やお中元を贈る時期

お中元やお歳暮日といえば、普段よりお世話になっている方々への感謝の気持ちを伝えるための贈り物となっております。贈る相手は人それぞれでしょうが、たとえば田舎にはなれて暮らしているご両親、または親戚の方から、会社の上司や取引先の方などで、総じてお中元やお歳暮は目上の方に対して贈るということが多くなります。

安心、信頼のお歳暮はかなり有益な情報が揃っています。

ですので贈る際には、失礼のないように最低限のマナーはきちんとおさえておきたいものです。
また普段はなかなか伝えられない、日ごろよりの感謝の気持ちを伝えるいい機会でもあるのです。



お中元を贈るタイミングは、贈る家や地域によっても多少の違いがありますが、一般的には7月の初旬あたりから7月15日までに贈るものとされていて、西日本方面では8月の初旬あたりから8月15日までに贈るのが一般的とされていましたが、近年ではやはり7月中旬までに贈るようになってきております。

もし7月15日を経過してしまった場合でも、「熨斗」の表書きを変えて贈れば大丈夫です。

8月8日頃までに送る場合は「暑中御見舞」、それ以降の9月上旬頃までは「残暑御見舞」と書かれた表書きで贈るといいでしょう。お歳暮の場合ですと、一般的には12月の初旬から12月25日までに贈ります。



また、お歳暮についても贈るのが遅れてしまった場合には、小正月1月7日までは表書き「お年賀」として贈り、それ以降の2月4日までなら「寒中御見舞」として贈るといいでしょう。

top