通常、勤怠管理といえばタイムレコーダーとタイムカードを使い、近年ではデジタル化されて直行直帰といった特別なケースにも対応できる高性能なレコーダーもあります。


しかし、便利な反面専用のカードとカードリーダーが必要なため、他の会社に長期間出向する場合など、レコーダーを持ち込むか出向している人のみ月末にまとめて勤怠情報を送るといった面倒が発生しました。



それらを打開してくれるのがクラウドを使用した勤怠管理ソフトです。


この新しい勤怠管理ではクラウド上にあるサーバーがレコーダーの役割を果たします。



社員は出勤したらウェブブラウザからログインして出勤、退勤のボタンをクリックすれば完了ですし、特殊な勤務形態も登録できます。
また、出向や営業で外回りに出ている社員はスマートフォンから利用することができ、リアルタイムにサーバーに反映されるため、事務職が月末にまとめて処理するといった煩雑さからも開放されます。また、スマートフォンのGPS機能を利用した位置確認や、電子マネーカードを利用した本人確認など不正防止のための機能も用意されています。

これらのデータは各種表データフォーマットで出力することが可能で、ソフトによってはそのまま給与計算ソフトなどと連動させることが可能な製品もあります。

Yahoo!ニュースに関する有益な情報が満載です。

また、クラウド型の勤怠管理ソフトは価格の面でも優れており、多くの製品が従業員一人当たり数百円といった安価な従量制に設定されています。

製品によっては五人以下なら機能制限はあるものの完全無料という小さな企業にはありがたいものもあります。
多くの製品が無料の試用期間を設けているので、導入を比較、検討してはいかがでしょうか。

 
Copyright (C) 2016 クラウド型の勤怠管理ソフトが便利な理由 All Rights Reserved.