勤怠管理は従業員の勤務の予定と実績を確認して管理する方法です。

勤怠管理ができなければ従業員の就業の状況を把握することもできません。
欠勤や有給などの取得状況をきちんと把握することと、出勤や退勤といった勤務時間の実績をとって管理を行います。

初めてでもわかりやすい、T-SITEを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

これまではタイムカードなどで打刻を行う方法が一般的でした。
しかし出勤や退勤の打刻を確認するだけでは管理していることにはなりません。



残業時間や遅刻早退時間まで自動的に計算できなければなりません。

タイムカードの打刻では1ヶ月分をまとめて計算を行うことになりますが、最近はICカードなどを利用した勤怠管理の仕組みもあります。

この場合は出勤や退勤の時間を読み取って勤怠のデータとして収集して自動的に計算を行うのです。毎日収集することができるので、上司などが承認をおこなって日々の勤務データから実績を収集して日、週、月といった時間計算を行い、残業時間などの計算まで自動的に行うとより効率的に管理することができます。
勤怠管理で重要なのは、このような実績をいつでも確認して分析をすることができるということも必要です。

例えば残業時間の実績を従業員別に見ることができたり、何か調査があった場合もいつでもすぐに確認ができるようにしておくことも勤怠管理では必要なことです。

すごく便利な勤怠管理の情報を提供しているサイトです。

これら勤怠の情報を給与計算に利用するということと、会社として勤怠の情報がいつでも確認できるようにしておくことはとても大切なことです。

 
Copyright (C) 2016 勤怠管理の方法を考える All Rights Reserved.